瀬尾まいこ『夜明けのすべて』を読んだ感想とパニック障害について

思いきり泣きたいあなたへ
広告

PMS(月経前症候群)で悩む28歳の藤沢美紗と
パニック障害をもつ25歳の山添孝俊。

同じ職場で働く二人が織りなす物語です。

自分がPMSかもしれないと思っている方、
パニック障害はどんな病気か知らない方、
自分は何でも一人きりで耐えていると感じている方

おすすめです。

created by Rinker
¥1,650 (2024/04/16 21:13:02時点 楽天市場調べ-詳細)
忙しくて読む時間がとれない方には耳からがおすすめ
広告

あらすじ アマゾンホームページより

知ってる?
夜明けの直前が、一番暗いって。

「今の自分にできることなど何もないと思っていたけど、可能なことが一つある」
職場の人たちの理解に助けられながらも、
月に一度のPMS(月経前症候群)でイライラが抑えられない美紗は、

やる気がないように見える、
転職してきたばかりの山添君に当たってしまう。


山添君は、パニック障害になり、
生きがいも気力も失っていた。


互いに友情も恋も感じていないけれど、
おせっかいな者同士の二人は、
自分の病気は治せなくても、
相手を助けることはできるのではないかと思うようになるーー。

人生は思っていたより厳しいけれど、
救いだってそこら中にある。
生きるのが少し楽になる、心に優しい物語。

2020年10月22日発売

PMS(月経前症候群)とは

以前にこちらの記事に詳しく書いています↓

著者について

瀬尾まいこ

1974年、大阪府生まれ。大谷女子大学国文科卒。

2001年、「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、
翌年単行本『卵の緒』で作家デビュー。

2005年『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞、
2008年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞、
2019年『そして、バトンは渡された』で本屋大賞を受賞。

他の作品に『図書館の神様』『強運の持ち主』『優しい音楽』
『あと少し、もう少し』『傑作はまだ』など多数。

読んだ感想

created by Rinker
¥1,650 (2024/04/16 21:13:02時点 楽天市場調べ-詳細)

まず言わせてください、
とても良い本です。

私は初めて
瀬尾まいこさんの本を読んだのですが、
文章も読みやすかったです。


20代という若い男女2人が
それぞれ「PMS」と
「パニック障害」で前職を退職し、

栗田金属という60代多め社員6名との
小さな会社でのお話です。


2人それぞれが感じる外見から
想像する勝手な思い込みと
実はお互いが抱えている深いもの(病気)を
お互いが知ったときの心の揺れ動きなどが繊細に書かれています。


パニック発作時の状況や、苦しい時の気持ちの切り替え方など
読んでいた私が苦しくなってきそうな描写。

瀬尾さんご本人がパニック障害を経験しているから
だったのかと納得しました。


ちょっと空気が読めなくて突っ走っちゃう藤沢さんと、
冷静に周りを分析しているんだけど言葉が少し足りなくて
なぜか笑える山添くん。


私はこれを喫茶店で読んでいて、吹き出しそうになりました。


まさか笑える本だとは思っていなくて
重たい内容の本なのかと思っていたのですが、
2回くらい笑える場面があり、笑いをこらえるのが大変でした。

電車やカフェで読むのは危険かもしれません(笑)

働かないと生きていけないし、仕事がなければ毎日することもない。
だから会社に勤めている。

けれども、仕事のもたらすものはそれだけではない。
自分の中にある考えを、
何らかの形で表に出してみたい。
そういう思いを、仕事は満たしてくれる。
働くことで、漠然と目の前にある大量の時間に、
少しは意味をもたせられる気がする。

瀬尾まいこ『夜明けのすべて」より

自分がどんな状態であっても
仕事をできる環境が整えられていて、
自分の状態を理解してくれている人たちがいる。

その人たちと一緒なら一歩ずつ、
前に歩いていけるかもしれない。

いつまでも
夜が明けないわけではない。
真っ暗なわけではない。



ちゃんと毎日朝がくるように、
いつか真っ暗い夜は明ける。


そんな風に明るい未来を想像させてくれる
あたたかい本でした。

created by Rinker
¥1,650 (2024/04/16 21:13:02時点 楽天市場調べ-詳細)

パニック障害とは


映画化のサイトをみて初めて知ったのですが、
著者の瀬尾まいこさんも
数年前にパニック障害を患ったそうです。

パニック障害とは、特に身体の病気がないのに、
突然 動悸、呼吸困難、めまいなどの発作(パニック発作)を繰り返します

そのため発作への不安が増して、
仕事や外出などを制限してしまい
日常生活に支障が出る病気です。

長引くと仕事などが出来なくなったり、
うつ病などになることもあるようで、
専門医による的確な診断と
早期治療が大切だそうです。


ストレスや働きすぎが原因で
ある日突然発作を起こしてしまう
パニック発作。

日本人の10人に1人が
一生のうちに経験する
いわれており、
発作の症状自体は
めずらしいものではないようです。


ほとんどの人がパニック発作を起こしても
治療なしで回復しますが、
そのまま進行して
「パニック障害」に至る人もいるようです。


パニック障害を引き起こす原因は明確には、わかっていません。
脳内の神経伝達物質に何らかの異常が生じることによって、
パニック発作を引き起こすのではないかと言われています。


また、パニック障害を発症する前に、
ストレスがかかる経験をしている人が
多いことから、ストレスや疲労など、
心身の不調が引き金になっていることが考えられています



芸能人でも、
元King&Princeの岩橋玄樹さんや、
美容家のIKKOさん、
Kinki Kidsの堂本剛さん、
星野源さんなども患っていたようです。
ニュースになっていましたね。

パニック障害になりやすいといわれている特徴や性格の例

●真面目で完璧主義
●こだわりが強い
●感受性が高い

●もともと不安や恐怖心が強い
●幼いころから内気で人見知りが強い
●親から離れるのが不安だった人
●高所や閉所、犬などを怖がっていた人

必ずしもこのような性格や
特徴の方がなると決まっているわけでは
ありませんが、

そこに、

●精神的に追い詰められている
●人間関係のストレスを感じている
●肉体的な疲れを感じている
●過去にうつ病などに罹ったことがある

このような時期が重なってしまうと、
今まで元気だった人でもなってしまう可能性は十分あると思います。

多分、私もパニック発作起こしていました

パニック障害について
色々と調べているうちに、
私もパニック発作を起こしていたことが
今更ながらわかりました

多分、何度か経験していて、
最初はそれこそ16~7歳くらいだったと思います。


この時は、長く一緒にいた友人に裏切られ、
人間不信になり
そこへいじめもあって、
電車やバスに乗ることが怖くなりました。


それでも乗らなければ学校に行けないので、
頑張って乗るのですが
心臓がドクドクとなり(動悸)、
胸が苦しくなり、
貧血のように立っていられなくなりました



学校を転校してその子たちと
会わなくなるという
確証が得られたときには
電車にもバスにも乗れるようになりました。



21歳の時にも、電車の中で突然苦しくなりました。

この頃は仕事でも疲れていて、
婚約破棄という大失恋もしたところだったので
だいぶ心に無理させていたなぁと思います。



あと、美容院や歯医者さんは今でも緊張してしまうんです。

そしたら本の中にこのような文章があって・・・↓

昨日の夜、パニック障害について様々な情報を見る中で、
美容院と歯科医が最大の難関だという記事を読んだ。

じっと座って相手に作業されるのは
かなりの緊張を強いられるのだという。

瀬尾まいこ『夜明けのすべて」より

『目からうろこが落ちる』とはこのことだと思いました。

「こんなにドキドキして苦しくなって、
どうしてなんだろう?
なんでみんなは大丈夫なんだろう?」と何度
思ったことか。


もう何年も通う慣れた美容院や歯医者さんでも
まだ緊張します。


私はHSPなので、この本を読んでいると
正直苦しくなってきて
自分も
パニック障害になってしまうのではないかと
ドキドキしながら読んでいました。


こういう時になりやすいということが
わかっただけでも
この先 気をつけられます。

疲れすぎないように、
考えすぎないように、
ストレスを感じたなら逃げよう、とか。

そしてちょっとでも体がおかしいなと
思ったらなるべくすぐ病院にかかることが大事ですね。
良い先生に巡り合えるかがまた重要ですが・・・。

created by Rinker
¥1,650 (2024/04/16 21:13:02時点 楽天市場調べ-詳細)

2024年2月 映画化決定

映画『夜明けのすべて』公式サイト (asmik-ace.co.jp)

松村北斗さん、上白石萌音さんW主演で
2024年2月にロードショーだそうです。

あの「カムカムエブリバディ」の
二人が再共演なんて、
カムカムファンにとってはうれしいです。

本の中で笑える髪型になるシーンが
あるのですが、
イケメン松村北斗さんがどのようになるのか今から楽しみです(笑)

まとめ

ぼくが通っている心療内科の先生も、
頭痛持ちの人とか、夕方や休みの日に発症することが多いって
話してましたよ。

気分が解放されるときに
調子が悪くなるってよくあることみたいです。

瀬尾まいこ『夜明けのすべて」より

皆さんは大丈夫ですか?

これって逆なような気もするんですが、
日ごろ頑張っているからこそ、
「終わった~」という解放感を感じると一気に
心の緊張がほどけるんですかね。

次の日のことを考えて暗くなるのではなく、
まず一日頑張った自分をいたわってあげることが
大事なのかもしれません。


それではまた。ここまで読んでいただいてありがとうございました。

created by Rinker
¥1,650 (2024/04/16 21:13:02時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました