小説

2026年 中学受験

【中学受験2026】進学くらぶ・小5 第3回公開組分けテスト結果

進学くらぶだけで2026年中学受験に挑戦している次女・ニの姫。『読書きろくノート【こひめ家の本棚】』では、塾代を安く済ませるために、使うべきもの、読んでおくべき本などについて書いています。
国語力UPのためのおすすめ本・絵本

大人も楽しめる Amazon『Kindle paperwhite キッズモデル』のメリット・デメリット

Amazon で『Kindle paperwhite キッズモデル』を購入!端末購入は必要なのかメリット・デメリットをまとめました。結論は毎月2冊以上読むなら買っても後悔はしません!毎月変わるPrime Readingの本や、定期的にくるまとめ買いや割引キャンペーンについてなどもお知らせします。
思いきり泣きたいあなたへ

瀬尾まいこ『夜明けのすべて』を読んだ感想とパニック障害について

2024年2月に映画化した原作本です。PMS(月経前症候群)で悩む28歳の藤沢美紗とパニック障害をもつ25歳の山添孝俊。同じ職場で働く二人が織りなす物語です。 自分がPMSかもしれないと思っている方、パニック障害はどんな病気か知らない方、自分は何でも一人きりで耐えていると感じている方におすすめです。
中学受験

【小学3年生におすすめ】おーなり由子『ワニのガルド』を読んだ感想|読書感想文向き

『読書きろくノート【こひめ家の本棚】』では、子どもが本を読んでくれない、と悩んでいる方のために読みやすいおすすめ本を紹介しています。『ワニのガルド』はひらがなが多く、読書感想文に書きやすいテーマです。ぜひお子さんと一緒に読んでみてください。
中学生のあなたへ

【悩める中学生におすすめの本】相沢沙呼『教室に並んだ背表紙』

『読書きろくノート【こひめ家の本棚】』では、悩める中学生におすすめの本を紹介しています。この本にはそれぞれ違う理由で悩む6人の女の子が登場します。もしかしたら今のあなたに似た女の子がいるかもしれません。書きやすくて読書感想文にもおすすめです。
10歳~12歳のあなたへ

【中学受験生におすすめの本】尾崎英子『きみの鐘が鳴る』

『読書きろくノート【こひめ家の本棚】』では中学受験生におすすめの本を紹介しています。中学受験を題材にした小説のほとんどが「親の気持ち」を中心に書かれていますが、この本は「中学受験生本人の気持ち」が書かれています。うまく言葉でいえない我が子の気持ちを代弁してくれているような気がしてしまう一冊です。
思いきり泣きたいあなたへ

望月麻衣『わが家は祇園の拝み屋さん15 それぞれの未来と変わらぬ想い』を読んだ感想

『読書きろくノート【こひめ家の本棚】』ではおすすめの本を紹介しています。望月麻衣さんの京都・祇園でのお話です。陰陽師が好きな方、青春を思い出したい方におすすめです。