子どもに早く自立してほしいと思っている方はいませんか?【選書コンサルティングのご案内】

お子さんは
本が好きですか?

どんな本がうちの子どもに合うのかわからない。

良いと聞いた本を買うけど
まったく読んでくれない。

こんなんで小学校が始まったらやっていけるのぉ~?!

小4になってテストの点数が落ちてきた
勉強しなさいっていくら怒ってもやる気配がない。
このままで大丈夫なのだろうか?

なんて、お悩みではありませんか?


または

中学受験を考えてみたいけど
なるべく安く簡単に
地頭を良くする方法ってないかな?

塾の送り迎えは下の子がいて
大変だけど、家族みんなで楽に
学力上げられないかな

なんて、考えたりしませんか?


お金もかからず、

国語の成績をグングン伸ばすには


本を読んで感想を話すだけです。

でも読んでくれないんだよ~

という方、安心してください。



それは少しのコツで変わります。



子どもが本を読まない理由は簡単にいえばこの3点です。


子どもが本を読まない理由

★子どもが面白そうと思えるジャンルの本ではない

★親が本を読んでいない

★せっかく楽しく読んでも本の感想を話せない

私がお手伝いしたいのは
この3点を解消する方法です。




10年以上子育てをしてきた今
確実に言えることがあります。


それは・・・

『子どもが
本さえ読んでいれば、
無駄に怒らなくて済む』ということです。

小学校に入ってからも
中学受験のきつい勉強が始まっても、

私は娘たちに

早く勉強しなさい!
いつになったらやるの?

などという言葉を言ったことがありません

厳密にいうと小5の受験勉強スランプの時に
数回だけは言ったことがありますが・・・(笑)


自己紹介

ここで、突然ですが
少し自己紹介をさせてください。

私は「こひめ」と申します。
41歳です。

主人と、
小6と小4の姉妹と
生活をしています。

ただいま、
ふたりとも私立中学受験に
挑戦中
です。

中学受験生として小3の2月から
勉強を始めてきましたが、
今も楽しそうに受験勉強を続けています。

多くの中学受験生が悩む
『国語』の成績は二人共、
常にトップクラス。

国語の成績で悩んだことは
私も娘たちも
いっさいありません。

特別なことをしてきたわけではありません。

『読書』をして、その内容を話し合っていただけです。
そこから得られるものは大きいと言えます。



子ども一人ひとりが違うように 好みの本も違う


日本では1日に200冊、
年間8万冊を超える
膨大な数の本が出版されています。


大人でも、本好きの方はたくさんおられますが、
皆が同じ本を「良い」とは言いませんよね。


同じように子どもにも合う本・合わない本があります。

育児本にこの本が良いと書かれていても、
自分の子どもに当てはまるかはわかりません。


そのたった数冊に興味を持たなかったから
「うちの子ダメだ~、本読まないわ〜」と
諦めてしまうのは一番残念です。

きっとただ、そのジャンルの本に興味がわかないだけなのです。

かくいう私の娘たちも、

”子どもたちに大人気”という
『だるまさん』シリーズはダメでした。

created by Rinker
ブロンズ新社
¥2,805 (2024/02/26 23:53:46時点 Amazon調べ-詳細)
akiamziu0602-22


選書コンサルティングでは

★お子さまがいつもどのようなものに興味をもっているのか
★どのような遊びが好きなのか
★おうちのかたはどのくらい本が好きか


など、詳しくお話を聞かせて頂いてから、
お子さんと親御さんに
オススメの本をご紹介させていただきます。

ぜひおうちの方にも 隣で本を読んでほしい


今まで本を読んでいなかった子どもだけに
本をすすめても、
絶対に読んではくれません。


ぜひおうちの方にも一緒に、
お子さんの隣で本を読んでほしいです。



「いや~私はちょっと本なんか読めない」
「読みたい本がないなぁ」という方には、

『おうちの方へのオススメの本』も一緒にご紹介します。

私は幼い頃から
「三度の飯より本が好き」というくらい
本好きでした。


でも、だからといってすごく分厚い本や、
直木賞・芥川賞受賞作品や
ノーベル文学賞候補の作品などは
ぶっちゃけあまり好きではありません。



『読書好き』『本好き』を大人になって名乗るには
X(旧Twitter)などでよく見る方々のように
難しそうな小説を読まなければいけないと思っていませんか?


それは違います!!!


そりゃあベストは小説ですが、
絵本だっていいし、
マンガだっていいんです。


子どもを本好きにするために、
まずは親御さんに
本を好きになってほしいのです。


どうしても読む時間がとれなかったら、
お子さんに

ママ、この本読みたいんだけど、
読む時間がないんだよね。
●●が先に読んで、どんな本だったか教えてくれる?


と言ってみてください。

きっと喜んで手に取り、
一生懸命読んで、目を輝かせながら
本の内容を教えてくれることと思います。
その際はできるだけ簡単な文章の絵本や本を選んでくださいね。

選書コンサルティングに関するお申込み・お問い合わせは
公式ラインから受け付けております。

今すぐ、友だち登録ボタンをクリックしてください。
友だち 追加

ご質問等ございましたら「お問い合わせ」からも受け付けております。

タイトルとURLをコピーしました