なかえよしを『ことりとねこのものがたり』を読んだ感想

国語力UPのためのおすすめ本・絵本
広告
こひめ
こひめ

2021年2月23日のブログを加筆修正しています。
ニノ姫・小2(8歳)のときの感想です。

ネコが好きな方
小鳥が好きな方
幼稚園年長~大人まで

みんなにおすすめです。

相手を思いやる心をテーマにした絵本です。

中学受験対策としては、国語の読解力・想像力を鍛えられます。

アフィリエイト広告を利用しています。
created by Rinker
金の星社
¥1,430 (2024/05/29 11:10:08時点 Amazon調べ-詳細)
akiamziu0602-22
読んでみようかなと思ったら
広告

あらすじ

【2020年1月 復刊決定!!】本当の勇気が何かを教えてくれる絵本

ちいさなくろねこは、ほかのねこたちから仲間はずれにされていました。
高い所がこわくて、よわむしとか勇気のないやつといわれていました。

そんなくろねこにもたったひとり、友だちがいます。
それは一度も空を飛んだことのない、ことりさんです。
くろねこがことりさんのためにしたこととは……。

金の星社ホームページより

作者について

なかえ よしを 作
1940年、兵庫県神戸市に生まれる。日本大学芸術学部美術科卒業。1973年、国際青年美術家展外務大臣賞受賞。作品に『ねずみくんのチョッキ』(ポプラ社/講談社出版文化賞)などがある

上野 紀子・絵
埼玉県に生まれる。日本大学芸術学部美術科卒業。1973年、『ぞうのボタン』を米国ハーパー&ロー社より出版(のち冨山房から日本版)。夫・なかえよしをとコンビを組んだ個性ゆたかな絵本が多数ある。作品に『いたずらララちゃん』(ポプラ社/絵本にっぽん賞)など。2019年に逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

読み終えた感想

ネコなのに、高いところに上るのが怖い弱虫な黒ネコと、
鳥なのに、空を飛んだことのない飼われている白い小鳥との友情の物語です。

種の違いゆえ、周りからは仲良しなことをわかってもらえないお友達どうしが、
お互いを思うがゆえの行動をとります。

ニノ姫
ニノ姫

すごく涙がでてくるよ

とニノ姫は言っていました。


そのあと一緒にお風呂に入った私に、
どんなお話だったのか、教えてくれました。

しかし、それを話しながらぽろぽろと涙をこぼすので
思わず私ももらい泣きして抱きしめてしまいました。

最後のくろねこの言葉がとても感動します。

初版は私が産まれた年でした。とても素敵なお話なので、おすすめです。

2023年3月17日 加筆

アメーバブログは、過去の記事を「1年前の今日書いた記事があります」などと
教えてくれるサービスがあります。

いつも(あ~もう1年前か)など感じたりするのですが、
このお話を覚えているかニノ姫に聞いたら、なんと!!

ニノ姫
ニノ姫

覚えてない・・・・
良いお話だったのは覚えているけど、どんなお話だったのか
全然覚えてない。もう一回借りて!

でした。なので再度借りて読みました。

国語の教科書にでてきてもおかしくないお話です。

今は見た目が同じであれば基本的に「仲間」だと決めつけられ、
同じような境遇であれば「仲間」だと決めつけられ、
そこから少しでも外れようものなら「いじめ」られます。

日本人の特性なのでしょうか、みんな同じでなければいけなくて、
そこから飛び出ようものなら仲間はずれにする。

そんな問題に一石を投じてくれるような素晴らしい絵本です。

絵もやわらかいタッチなので癒されます。

中学受験勉強に入る前の準備をしよう

この絵本はすべてひらがなで書かれていて、文章も多くはありません。
幼稚園の年長から一人でも読めると思います。

音読はとても大事です。
小学校1,2年生向けですが、お話の内容は年齢の制限なくオススメです。

まずは、

こひめ
こひめ

ひらがな読めるの?すご~い!読んでみてくれる?

などと演技をして、読ませてみてください。


そして、そのあとは必ず、

こひめ
こひめ

お話読んでどう感じた?
ママはね~・・・・・

この本を読み、どう感じたかを話させます。

ここでのポイントは親から先に話すということ。
慣れてきたら、我先にと子どもから話し始めますが、
最初はこういう風に話すんだよという
見本もかねて、親から話してあげて下さい。

「かなしかった」
「かわいそうだった」
「おもしろかった」  そんな内容で大丈夫です!


まず、しっかりとお話が理解できたのかをこの時点で図ります。

理解できていないと思ったら、もう一度一緒に本を開き読んでいきます。



理解できていたら、その次の段階、
人に伝えるためにはどう話したらわかりやすいか、を考えさせます。

「〇〇が、△△だったからかわいそうだった」
など、主語・述語で話させます(慣れてきたら修飾語も入るとgood)。



文章力(記述力)を高めるためにも小さい頃は会話が重要だと思います。

我が家は小さい頃からこの方法で、三人三様の考え方や感じ方があることも知り、
国語力を高めてこれたと思っています。

これからの中学受験は(中学受験だけではないですが)、
思考力と相手とのかかわり方、プレゼン力なども大事になってくると思います。


本を読んだあと、ただお話しをするだけ。
話すだけで、タダで、国語の能力も上がる。
一石二鳥にも三鳥にもなりますよ。

子どもにとっても家族で話ができるのはとても楽しくて、嬉しいものです。

そして、「また本を読みたい」と思ってくれるはずです!

ぜひ絵本を読むたびに試してみてください。

こひめのグッときたベストポイント!

いくじがないとか 勇気がないなんて よくいわれることがあります。

ほかのひとのできないことを ひとのまえでやってみせることも
勇気のいることかもしれません。

でも
ほんとうの勇気というのは
じぶんのことでなく ひとのために なにができるか
ということではないでしょうか。

なかえ よしを『ことりとねこのものがたり』表紙裏より

この言葉にグッときたかたは是非よんでみてください。

それではまた。ここまで読んでいただいてありがとうございました。

created by Rinker
金の星社
¥1,430 (2024/05/29 11:10:08時点 Amazon調べ-詳細)
akiamziu0602-22

コメント

タイトルとURLをコピーしました